指導姿勢

菅原進学教室の特色 子供たちの成績を確実に伸ばします

菅原進学教室の特色

菅原進学教室は、児童・生徒の主体性を重んじた問題解決型の指導を実践しています。真の思考力を育てるもので菅原進学教室の特色でもあります。

前向きに学習に取り組んでいるのに、なかなか成績が上がらない(伸びない)児童・生徒を、手助けすることが菅原進学教室の役割だと考えています。児童・生徒に自信を持たせ、公立学校で積極的に授業に参加できるようにと願っています。各公立中学校に対応した定期試験や、受験対策を徹底的に実施しています。

心を育てる

ただ学習をしているだけでは、子供たちの成長を促すことはできません。当塾の教育実践の一環として、授業終了後に消しゴムで汚れた机をきれいし、「ありがとうございました。ご苦労様」という挨拶を交わすことを行っています。単純で何気ないことですが大きく教育効果をもたらしております。

数年前の定期試験対策のことでした。中学2年生の数学の指導で確か連立方程式の文章問題を学習していたと思います。難しい単元でしたが、生徒たちは集中して問題に取り組んでいました。そして、授業終了後に何も言わず、ごく自然に自分が使った机の上をきれいにし、整理整頓して「ありがとうございました」と挨拶をして退室していきました。その姿勢は驚きと共に感動さえ覚えました。もちろん、定期試験の結果も良好でした。

漢字学習に真摯にとりくんでいます

当塾は、30年近くも漢字進級テストを継続的に実施しております。その結果は入塾者の学力状況まで予測することができます。

開始当初は、中学生が4級(小学5年生程度)を8割以上定着しているかどうかが指標でありました。4級がクリアーしていれば凡そ小学校過程が定着しており、当塾の指導に順応できることを意味します。

また、4級をクリアー出来なかった生徒は10級(小学1年生程度)から開始し小学生段階の「躓き(つまづき)」を把握するように努めました。

さて、学力低下が叫ばれてからは平均学力(偏差値50ポイト)の生徒であっても、10級に戻る生徒もいます。つまり、甚だしく漢字ができない生徒が多い状況です。

漢字ができないことは、国語の成績に大きく影響します。さらに、社会科や英語などの教科に苦手意識を持つことになります。当塾の現在の様子を見ても、国語+社会+英語といった教科の苦手な生徒が目立ちます。